SDGsについて

Kauriロゴ

家族や大切な人と美しい海や森に遊びに行ける
そんな楽しい未来をわたしたちは守っていきたい

わたしたちが普段使っているモノが、知らないうちに海や森を破壊しているとしたら ..

SDGS

アパレル業界が海や森を破壊しているってどういうこと?

地球に負荷をかけている素材って?

オーガニックって何が地球にやさしいの?

SDGS

そんな心配はしたくないから一度立ち止まって考えてみませんか?

無理な我慢ではなく楽しみながら少しずつ わたしたちと一緒に知ることから始めてみませんか?

SDGS
 

オーガニックコットン

オーガニックコットンをお薦めするのは、
 

オーガニックな農法を応援することで、
 

大量の汚水や、有害な農薬の使用を減らしたいからです。

  

Non Organic

Tシャツ1枚に
2700リットル
水を使用

Organic

水の使用量
90%削減

全世界で消費される
殺虫剤の16%使用

自然由来の害虫駆除

殺虫剤被ばく
強制労働
環境汚染

環境
健康
収入

   →   

改善

オーガニックコットンについて「もっと詳しく」

"オーガニックコットン"
 通常のコットンの栽培にはたくさんの複合的な問題があります

1. コットンの原料になる綿花は、害虫に弱い植物で有るために大量の農薬や殺虫剤を必要とします。

世界の殺虫剤の使用量の20%農薬の使用量の10%がコットンの生産に使われます。T シャツ1 枚(150~200g)に対してほぼ同じ量の150gの農薬を使用していることになるそうです。この大量の農薬による土壌や河川の汚染によってコットン栽培地域に住む数百万の人々の健康に悪影響を及ぼしています。

2. コットンの栽培には大量の水を必要とします。

コットンのT シャツを1 枚作るのに必要な水の量は2700 リットル、これは一人の人間が3 年間かけて摂取する量に匹敵します。アパレルの製造過程で毎年93兆リットルもの水を使っていて、世界中の汚水の20%をアパレル関係が排出しています。

3. コットンの栽培地域は貧困地域が多く今も児童労働が絶えない産業です。
多くの子供たちが学校や遊びにも行けずに綿花作りに従事している現実があります。

"オーガニックコットンを使うようにすることで

  1. 農薬の使用量が 0 になります。
  2. 水の使用量を91%削減出来ます。
  3. 労働者の最低限の労働条件の確保が図られます。
  4. 生産工程でのCO2 排出量が46%削減されます。
  5. 遺伝子組み換えの種を根絶します。
 

オーガニックコットンの記事はこちら

生分解性繊維

生分解性繊維をお薦めするのは、
植物由来の生分解素材を使うと、
自然の循環サイクルが守れるからです。

再生繊維

再生繊維をお薦めするのは、
廃棄ペット ボトルや着られなくなった服を再生することで、
資源を大切にしたいからです。

"再生繊維"

木材パルプやとうもろこし、サトウキビの搾りかす、コットンリンター(綿実から⾧い繊維を採取した後に残っている毛羽状の短いカス)等、植物のセルロースを一度化学薬品で溶解して、繊維に再生した物を再生繊維と言います。

原料が植物由来であるために、生分解が可能で廃棄後土に還るのでサスティナブルな素材として注目されています。

ただし原料自体に遺伝子組み換えがある物や製造工程で有害な薬品を使用する物も有るので再生繊維イコール地球に優しいとは言えません。素材選びには注意が必要です。

3Rへの
取り組み

 

 REUSE

  繰り返し

REDUCE

必要な分だけ

 

RECYCLE

再資源化