NEWS

  1. HOME
  2. NEWS
  3. SDGs
  4. コロナとSDGs

SDGs

コロナとSDGs

コロナの世界的な感染拡大はSDGsの達成を大きく後退させているという

レポートが出ていました。

このペースで行ってしまうと2027年に最初の危険水準の+1.5℃に到達してしまう可能性が

高まっているようです。

温暖化問題だけではなく、途上国の貧困問題もコロナでより深刻化していて

43億人(76億人中ですよ)が1日5ドル以下で生活し、

安定的な仕事がない人が16億人に増加していて

8億人がまともに食事もとれず医療をうけられない状況になっているそうです。

(途上国の絶対的貧困は年々減少傾向でしたがコロナで再び増加に転じてしまいました)

他の先進国や日本でもパンデミック以来、

労働者は3.7兆ドルの収入を失ってしまい、

一方で富裕層は3.9兆ドルも資産を増やしていて相対的な貧困層が拡大しるそうです。

1年ちょっとのコロナ前までは世界中の歴史ある街や自然に思いをはせていた私たちも

長引く自粛と渡航禁止で世界の国々をコロナの感染と対策、感染者数や死者数でしか

見れなくなっているように思います。

もう一度「誰一人取り残さない」「地球は76億人の一軒家」と言う思いで

今できることを考えて行かなければと思いました。